みんなのチャットレディ体験談

チャットレディのバイトは最高

私がチャットレディーをやって感じた本音。

私はノンアダルト、アダルトのチャットレディーをやっておりました。
ちょうどチャットレディーというジャンルが新しくできた頃ではないでしょうか。
パソコンの画面に向かってお客さんと対話する。シンプルに言えばデジタルキャバクラのようなものです。

チャットレディってなんだろう?でもやるからには稼ぎたい!と思い、私は初めからアダルトチャットをやりました。
チャットレディは現在自宅などでも気軽にできますが当時はどんどんチャットレディを取りあつかう会社が増えてまして、紹介によっていろいろな場所で働いてみました。

まずはとにかくプロフィールで目立つ!というのが大事で、とにかく可愛く盛れている写真をプロフィール画面にしました。
結構ギリギリな写真を使ってる女の子もちらほら。当然アダルトですから、お客さんはえっちな女の子に興味がありますよね。
と、この時点で私が感じたのは、もしかしてアダルトチャットの利用客って、風俗に来るお客さんなんかよりえっちな人が多いのでは?でした。

チャットレディは待機画面もお客さんに見られるのですが、見ているよーという状態がわかるように自分の部屋に入ってきたらお客さんのハンドルネームがでてきます。
そこで対話に繋げるために猛アピールです。可愛いポーズをしてみたり、ドレスをずらしてみたり。
自分を気になってくれた方が対話してくれないことにはお金になりませんのでいきなり待機画面で脱ぎだす子もいました。

顔を出さなくても体だけみせてポイントを稼ぐ子、対話をしながらお客さんの要望に合わせて脱いでいく子、そして彼氏とセックスしているところをカメラに映して見せる強者もいました。

とにかくたくさんのお客さんに自分の部屋へ入ってもらい見てもらう!それのためならなんでもやる!という、結構おそろしい世界です。

そしてお客さん質もどことなく“変態”が多いと思います。
私が感じた、風俗に来るお客さんなんかよりえっちな人が多いのでは?という感は大当たりでした。

私は色々なサイトのチャットレディーとして働きましたが長く続きませんでした。
何故なら、疲れるからです。
これは本当に、ハッキリといいます、めちゃくちゃ疲れます。
これなら店舗型風俗のほうがいいと思ってやめてしまったぐらいですから。

待機中もずっと気をはって無くてはならない。
いつお客さんが入ってくるかわからない。
お客さんの要望がとてもハード。
無言でお客さんの陰部を見せられる。

そして大きなリスクが。
それは録画やスクショです。これが本当に厄介だと思います。これが怖くて二度とチャットレディーはやらないと誓いました。
自分の裸の画像や、そこでみせた行為がどこぞのアダルトサイトにアップされてしまうのです。
それが簡単にできてしまうのです。

体の疲れより、こころがとても疲れてしまいました。
10万~ほど稼ぎましたが、これっぽちのためにこんなにこころを削るなら他の仕事をしよう、と、私はチャットレディをやめました。

もちろんノンアダルトもやりましたが、ハッキリ言ってノンアダルトは稼げませんし、効率が悪く、尚且つお客さんの質が最悪です。
ノンアダルトでもアダルトを要求してくるお客さんが殆どです。
要望に答えないなら貴方には興味ありませんよー。
じゃあアダルトチャットを利用しろよ!って怒りがこみ上げました。

アダルトは想像以上の心労と稼ぎの少なさ、ノンアダルトではアダルトの要求をしてくる悪質なお客さんに疲れ、私はもうチャットレディはこりごり、とやめました。

続けている方はすごいな、と、思いません。
むしろ今の時代によくチャットレディーやりますね、と言いたいです。
貴方のえっちな画像や動画はもうたくさんのアダルトサイトに拡散されていますよ、と言いたいです。

それからもうひとつ。
私が出会った最悪のお客さん。
それはどこぞの会社のサクラです。
その人は私にアダルトだけど、脱がなくていいよ、と言ってきました。
話しだけしよう。君のファンになったよ!実は僕は年商◯◯億の社長なんだ。よかったら、連絡先教えてほしいな。
当時の私は舞い上がってしまい連絡先を教えてしまいました。

やり取りはごく普通で、メールをすれば必ず返ってくる。電話すれば必ず出てくれる。おまけに相手は◯◯億円稼いでいる社長さん。
私はその人とのやり取りに恋心を持ちました。
チャットにも必ず顔を出してくれて、なんてラッキーなんだろう!!と、思っていました。

しかし、それをある人に相談したところ、それは業者だよ。サクラ。と言われたのです。
そしてショックだったのがメールのやり取りをしてお金を儲けるメールボーイというやつだったのです。

本当にショックだった上に、自分はなんてバカなんだと落胆しました。
そういう悪い輩も潜んでいるのです。

総合的にみて、私ってチャットレディー向いてないなと思いました。

未成年を雇う悪質なチャットサイトも結構あるようなので、トラブルには巻き込まれたくありませんね。

稼げない、心が疲れる、悪質な客
私はチャットレディーの仕事、二度とやりたくありません。
こりごりです。

チャットレディをやろう!

チャットレディってどういうお仕事?

チャットレディとは、男性とライブチャットを使って話し相手をするお仕事です。
ライブチャットというのは、パソコンやスマホを使って映像や音声を見たり聞いたりしながら会話する遊びです。
それがお仕事になるの?と思う方もいるかもしれません。なります。
世の中にはそれで1日20万を稼いでいるようなつわものもいます。

まず、男性は会話するためにサービス料を支払います。
女性は男性と会話した時間分だけ収入を得ることができます。

そのためチャットレディは、空いた時間を有効活用できる効率の良いバイトとなるのです。

アダルトとノンアダルト

男性と会話してお金をもらうというのだから、エロいことを要求されるんじゃないの?
という疑問が当然わくと思います。
現在ライブチャット業界には、アダルトとノンアダルトのサイトがあります。
肌を露出したりするのが嫌であればノンアダルトを選びましょう。
もちろんアダルトの方が稼ぎやすいことは事実です。

チャットレディってどれくらい稼げるの?

上で書いたとおり、1日20万稼いでいる猛者もいます。
通常は時給に換算して3000円程度でしょう。
報酬はチャットしている間だけ発生します。
そのため、やはり稼ぐには努力が必要です。
一言でいえば、常連さんを大切にしたり、ちゃんと相手のことを覚えていたり、アダルトであれば男性が喜ぶ声やしぐさを理解していたり、
チャットが長くなるような流れを作ったり、
といった努力をすると稼ぎはどんどん増えていくことでしょう。

チャットレディのお仕事の流れ

ライブチャットにログインして「待機中」という表示にしておきます。
男性は「待機中」の女性から話したい女性を探します。
男性がチャットに入ると、女性に呼び出しの音が出てチャット開始です。

はじめる前のよくある不安

ノンアダルトなのにアダルトを要求される
ノンアダルトでアダルトなことを要求してくる男性は確かにいます。
そのような男性は無視したり、可愛くor面白くかわしたりすればよいのですが、 あまりにもしつこい場合は、kickといってチャットから追い出す機能があります。
あなたのチャットに出入り禁止にできるのです。
あまり多用すると嫌われるかもしれませんが、どうしようもないお客さんに対応する時には重宝する機能です。
また、サポートも女性のみなさんが気持よく働けることが一番なので、サポートに苦情を入れることもできます。
(サポートのサービス内容はサイトによります。)
顔だししなきゃいけないの?
現在はほとんどのライブチャットが映像付きのサービスをしています。
そのため、映像のないサービスにはお客さんが集まらなくなっています。
顔を隠して、または壁の映像のままで会話すること自体はできます。
しかし、顔を出さないとなるとお客さんも集めにくくなるのが現実です。
そのため、女性のみなさんは、マスクをしたり、鼻(首)から下だけ映るようにしたり、 いろいろと工夫してお仕事をしている人が多いです。
身内バレしない?
個人情報はどこのサイトでも厳重に管理されています。
特にアダルトでは、法律上、警察への営業の届け出が義務付けられているため、店は警察からも指導されています。
通常の業界よりも個人情報の保護に慎重であることは間違いありません。
稼げないということはないの?
正直稼げない人もいます。それも、顔が可愛くないといった単純なことだけで決まることではないです。
過激なサービスをすれば稼げるかというとそれも違います。
ライブチャットは、人が「多く」集まって「長く」話すことが重要です。
ですから、そのための工夫をどれだけできるかが大事です。
やりながら工夫してみましょう。女子力や人間力も向上するかもしれません。
スマホでもできる?
チャットレディはスマートフォンでもできます。
しかし、パソコンに比べて画質が悪く、カメラに映しながら話を続けることも大変なので、パソコンの方が続けるのが楽ですし、稼ぎやすいでしょう。

登録したらすぐにお仕事をしよう

チャットレディとしてサイトに登録をすると最初は「新人」という表示がされます。
常連のお客さんは「新人」を見つけるとどんな子か知りたくてアクセスしてきます。
ですから、「新人」のうちに仲の良い人を見つけておくと、最初の稼ぎが安定します。
最初はコツがわからないため、稼ぐコツを見つけるためにも、新人期間を活かしましょう。

通勤チャットレディ

チャットレディ事務所のチャットルームで稼ぐ

チャットレディというと自宅でやっているようにも思いますが、実は事務所の個室でお仕事として働いている女の子もたくさんいます。
通勤チャットレディと呼んでいる場合もあります。
事務所はチャットサイトと契約をしていて、売上の割合で女の子と分けることになります。
出演するチャットサイトは、個人としても参加できるサイトもありますが、事務所経由でしか参加できないサイトもあります。
サイト側は、女の子を扱うプロではないので、女の子のスキルを向上させたり、トラブルを解決するといったことを運営でやりきれない場合が多いのです。
ですから、事務所はキャバクラや風俗の運営母体がチャットルームを経営していたりします。

さて、女の子の視点からすると、事務所でチャットレディをすると次のようなメリットがあります。
(もちろん事務所によってサービス内容は異なります。)

  • 入店祝い金がもらえる
  • 衣装の貸し出しがある
  • 自由度の高いシフト制
  • 報酬をその場でもらえる
  • 宿泊やシャワーなど家のない女の子対策がある
  • 防音性が高いため、周りに聞こえない
  • 女性スタッフが困ったことを聞いてくれる
  • ドリンクバーなどの快適サービスがある
  • 稼げない時などにアドバイスをもらえる

ここまで読んで勘の良い方なら気づいたでしょう。
本当にそんな都合のよいことがあるの?という疑問を。
確かに風俗業界全般に言えることですが、求人に書いてあることがすべて言葉通りということは少ないようです。たとえば、自由出勤なのだけど「もっと出勤してくださいよ」と説得されたり、防音性が高いと言いながら壁から隣の声が聞こえたり。
入店祝い金がもらえなかったり、または分割だったり。

こういったことはありますが、自由出勤で、衣装の貸し出しがあって、日払いがもらえるといったことくらいは業界の常識だと思われます。

また、女の子が稼げるようになることをしっかり考えてくれる事務所であれば、よりお客さんをつかめる間合いやトーク術を教えてくれたり、女の子がお客さんをつかめないときに相談に乗ってくれたりします。
ですから、事務所に所属してチャットレディをするにはやはりメリットがあるのです。

事務所選び

芸能界にも、大手プロダクションもあれば悪徳プロダクションもあります。
女性を扱う業界はどうしても悪徳業者が入ってくるという特性があります。
チャットレディ業界にもやはりいます。悪徳業者。
悪徳と言わないまでも、社長の自宅でやってくれとかそういう零細業者もたくさんいます。
もちろん、その社長があなたの稼ぎを支えてくれるようなやり手かつ頼りになる人であれば良いのかもしれませんが、初めて会う人でそこまで信頼できるかというと疑問符が付きますよね。

ただし、チャットルームの住所を教えてくれないというところは多くあります。
怪しいと思うかもしれませんが、これは教えないのが正解です。
事務所は働く女性も守らなくてはなりません。
ですから、チャットルームの住所を簡単に教えてしまう方がNGなのです。

 icon-chevron-up ページトップへ