みんなのチャットレディ体験談

チャットレディのバイトは最高

稼げるけど頭を使うお仕事!いい人生経験になりました!

私がチャットレディーをやろうと思ったのは、夫が突然死で亡くなり、娘を1人で育てていかなくてはいけなくなったからです。精神的なショック状態も強く自暴自棄になり、お金ならあっても困らないからと始めたことがきっかけでした。本来は真面目なタイプでアダルトなことなどするような人間ではないんですが、その時は自分を大切に出来てなかったんだと思います。

チャットレディーをしていたのは約半年ほどでした。結果としてすごく稼げました。メール1通届くだけで40円。画像や動画、有料ブログなど稼ぐ手段はメールだけじゃなくたくさんありました。電話をすると30分ほどで4千円にもなりました。月で大体8万円稼いでいました。

稼ぐコツはやっぱり太客を見つけることです。私の場合、本当にアダルトなことは慣れてなかったんですがそこがいいと言ってくれるお客さんがいて毎日メールを10通近く、電話もノンアダルトでしてくれていました。画像や動画もあげたらすぐ買ってくれて、かなりの稼ぎになりました。ただ、完全に恋人同士のようなやりとりが必要でした。相手は自分が彼氏だと思って連絡してきますので、そこをうまくのせてメールの数を稼ぐなど工夫が必要です。こっちはその気がないので、罪悪感を感じる時もありました。独身で実家暮らしでしっかり働いている人だったので金銭的に余裕のある人だったのだと思います。注意としては「会いたい」や「住所教えて」などリアルで接触してこようとする時がありますので、その辺をうまく交わす技術を持つことです。「もっとたくさん私のこと知ってくれてから」や「もっとメールでたくさん話してくれたらあなただけに特別な写真あげる」など返してうまくスルーしながらあなたは特別感を出すことが必要です。太客で彼氏のように振舞ってくれる人はある程度言うことを聞いてくれるので、「今日はノンアダルトな気分」も通じます。普通のメールや電話で稼げるのは本当に有難いです。

太客以外になると対応が変わってきます。結婚生活がうまくいってなくて、でもお小遣い制だからあまりお金もなく手っ取り早く会おうとしてくる人もいます。会ったら不倫です。気持ちに同情しても「会いたいけどサイトに怒られちゃうから」と可愛く断って下さい。

チャットレディーをしている時はとにかく頭を使いました。なんて返せば相手が喜ぶか、メール一個でも文章を選びタイミングを逃さないように気を付けていました。いい人生経験になったと思います。色んな人がいること、男の人が意外に単純なこと、勉強になりました。

そんなに稼いだのになぜやめたのかと言うと、一言で言えば目が覚めたという感じです。自暴自棄になっていましたが、やはり一児の母。娘が知ったら嫌な職業だと思います。あと、子育て中の私には夜中のメールや電話や土日の対応が難しく、無理して体調を崩す時が多かったからです。母親として子どもに恥じない、人にも言える仕事をしないとと思えたことでチャットレディーはやめられました。今は在宅でライターをしてますが、チャットレディーしていた頃に比べると稼ぎは悪いです。どうしても比べてしまいますが、チャットレディーは本当にお金が尽きて必要だと思った時の最後の手段にしようと思っています。

メンタルが強く、流されないで相手に同情もしないでいられる人には向いている仕事だと思います。とにかくお金を手っ取り早く稼ぎたい人にもにはいいかもしれません。私がやっていたサイトは人妻サイトだったので若くない人でも需要はあります。あと色んなフェチがいますので、私はどっちかというとポッチャリですがそれがいいと言ってくれる人もいました。こんな自分でも気に入ってくれる人がいること。それは少し自信にもなりました。年末年始など出費が多い時に稼げたことは有難かったです。いい経験になりました。

チャットレディは、年齢関係なく需要があります

最初にチャットレディの存在を知ったのは、22歳くらいのときでした。
その当時私は、仕事のストレスから休みがちになってしまい、ずっと家にこもっていました。
それでも一人暮らしだと、毎月最低でも家賃支払いや光熱費、食費、ケータイ代はかかりますよね。
だから家でできる仕事はないかな?とネットで色々探していました。
でも、在宅でできること、内職といったらたかが知れてて、いつものお給料分を稼ごうと思ったら一日中かかりきりにならないといけない計算でした。

チャットレディの仕事を見つけたのはラッキーでした。
自宅にいて男性と話すだけで分単位で報酬になるというのが、まず魅力的でした。
私が登録したサイトはノンアダルトが売りで、ウェブカメラも貸してくれました。
そのウェブカメラでサイトの担当者とかんたんな面談をして、すぐに仕事を始められました。
曜日とか時間帯によっては待機時間が長かったりしましたが、常に会員さんはいたみたいです。(訪問されると人数がわかるので)
報酬が発生する1:1チャットになるまでは、口元だけ映して、たまーに顔見せしたりしてました。
服装も普段着で全然かまわなくて、たいていはピンク・白系の、レースがついたカットソーとかキャミとかでしたね。
とにかく「この子と話したい!」って思われるように、プロフィールに凝ることが大事かもしれませんね。
ある程度の誇張はいいと思いますよ!アイドルになった気分で、というとわかりやすいですかね?
名前もかわいらしいニックネームで。
他のチャットレディを見ると、本名っぽい漢字のフルネーム(偽名でしょうけど)、名前のみ(cocoaちゃんとか)でしたね。
で、実際会員の方と話してみると、だいたいヘンな要求をしてくる人もいますが
「サイトのルールで禁止されてるから、ごめんね><」
とかわいく謝ればいなくなってくれます。
なぜかというと、そういうヘンな会員って、キャンペーンでもらえる無料ポイントでなんとか女の子に脱がせたい!みたいな人だから、ダメだとわかると短時間で接続切ってくれます。
チャットレディ側の精神衛生上を考えても、それが一番ですよ!
紳士的な人も多くて、自営業で時間を持て余してる人とか、夏休みの大学生とかが多かった印象があります。
気の合う人とはホントにただただ好きなアニメとかドラマとかの話とか、お互いの趣味の共通点を見つけて盛り上がったりしてましたね。

一時期、本気になられてものすごく遠方なのに「会いに行く!」って言われたことがありましたが、それも
「直接会うのは怖いし、サイトにばれたらクビになるから、いや。」
と言ってました。
あくまでサイトを通じて、というスタンスにしたほうがいいですね。
実際にリアルの連絡先を教えてひどい目にあった人もいるそうですから。

そんな感じで、半年もしたらサイトの雰囲気に慣れたのもあって、キャンペーンなんかもしょっちゅうやってるので話し相手にも困らず、なんとか生活に困らないくらいは稼げるようになってました。

月トータル14~18万くらいを行ったり来たり。
お給料はそのサイトでは最低金額5,000円以上であればいつでも振り込んでもらえたっていうのも助かりました。
ケータイ代、来週までに用意しなきゃ!っていうときは自分の中でノルマを決めてがんばってましたね。
あと、慣れてきたのでもう一つのチャットレディサイトに登録して、ひとつが全然出会えなかったらもうひとつのサイト、っていう使い方もしてました。

そんな感じで数年続けていましたが、体調が戻って一応新しく仕事が決まったのでチャットレディからは卒業しました。

で、30歳になってお小遣いに少し困ったときに、またチャットレディを思い出したんです。
でも、若い子じゃなきゃやっていけないかも・・・と思っていました。

ダメモトで30代でもできるチャットレディの仕事を探したら、あるんですね。

人妻とか熟女とか、30歳なんてまだ若いじゃん!というサイトもあるんです。
熟女に関しては50代の方もいて、需要は何歳になってもあるんだなぁ~なんて思ってしまいました。

今はチャットレディお休みしてますが、環境さえあれば年齢関係なくやっていけると思います。
素人の女性と話したい男性って意外といっぱいいますからね。

チャットレディは努力次第で高収入!の魅力的な仕事です。

私がチャットレディをやろうと思ったのは、約3年前です。その頃とてもお金に困っていました。こどもが5か月になったばかりで育児中ということもあり、仕事をしたくても外には出られないので、何か在宅で稼ぐことが出来ないかと考え、チャットレディという仕事があることをネットで知りました。始めは高収入という広告につられたのですが、口コミなどを調べているうちに不安になっていきました。大体が「チャットレディは脱がないと稼げない」と書いてあったからです。自分に出来るか不安でしたが、とにかくやってみるだけやってみようと思い、すぐに登録しました。

チャットレディを始めるのは思ったよりも簡単で、登録してすぐ仕事を始められました。基本的には男性とメールしたり、通話したりすると報酬がもらえるシステムで、最初は簡単に出来そうという印象でした。ひたすら待っていても男性から連絡が来ないので、自分のプロフィールを見て興味を持ってもらうために、下着姿のきわどい写真をアップしました。アダルトな要求も多いということだったので、なるべく顔を出したくないと思っていて、顔出しNGと前もってプロフィールに書いておきました。

登録して数日は、こちらからメールしても、通話待機をしても、男性から連絡が来ることがほとんどなく、心が折れそうになりました。でも、根気よくブログを書いたり、新しい写真をアップすることで、次第にメールの量が増えていきました。ただ、私は顔を出していなかったので、アダルトな行為を求められることが非常に多かったです。もし、そういったことをしたくないのであれば、顔を出さないとお客さんの心は掴めないと思いました。私は容姿に自信がないので、下着姿や裸にならざるを得ませんでした。好きでやっていた訳ではなかったので、自分の恥ずかしい姿を男性に見せるのは苦痛でした。

登録してから1か月が過ぎても1万円くらいの稼ぎにしかならず、もう辞めようと思っていたときに、ひとりの男性と出会いました。仮にKさんとします。Kさんとは主にメールでやりとりをしていたのですが、他の男性とは違い、世間話ばかりする人でした。仕事の話や趣味の話…ときには私の家庭の話を聞いて相談にのってくれました。毎日のようにメールをしていて、たまに電話で話したり、次第にKさんに対して好意を持つようになりました。

それからは仕事が楽しくなりました。他の男性からアダルトなことを持ちかけられても、お金のためだと思い割り切れるようになりました。Kさんはいつも私を励ましてくれたし、Kさんと話している間は仕事の嫌なことを忘れることが出来たのです。Kさんのおかげで、月の最高収入額は8万円でした。育児の間にやっていて8万円稼げるのはチャットレディだからこそだと思います。他の在宅ワークではなかなか稼げないのでそれだけ稼げた時は嬉しかったです。

ただ、長く続けていると次第にKさんと話すこともなくなってきました。また、夫もいて子どももいるのに何をしているのだろうと、むなしくなることも多々ありました。だんだんと他の男性に自分の裸を見せていることに対して、夫への罪悪感が強くなっていきました。チャットレディを続けていることによって、家庭での幸せが崩れていってしまう気がして、登録してから7か月で辞めてしまいました。

チャットレディはとても魅力的なお仕事です。その分大変なことも多いです。優しく紳士的な男性に出会えれば良いですが、そうでないこともあります。また、ノンアダルトでこの仕事をするとしたら、かなりの会話力が必要になります。また、メイクや服装にも気をつけなければなりません。やはり、アダルトOKで仕事をするのが手っ取り早いですが、私も経験したように、精神的な辛さがありました。チャットレディを実際に経験してみて、簡単に稼げるということはないですが、努力をした分報酬に繋がるところは、やりがいのあるお仕事だと思いました。

やりがいと難しさ

在宅で稼げるだけではなく、やりがいもある仕事。直接会いたい要望への対処が難題。

集客が肝心

プロフィール写真を盛って、そこから相性の合うお客さんを見つけましょう。

人妻の回春

まるで芸能人。人に見られ、女を取り戻したチャットレディ時代。周りにも綺麗になったと言われて浮かれました(´∀`*)

熟女の魅力

タレントのような気分で若い男性と会話。
熟女になってから知った気持ちと実益を両立。

その他の経験談

チャットレディをやろう!

チャットレディってどういうお仕事?

チャットレディとは、男性とライブチャットを使って話し相手をするお仕事です。
ライブチャットというのは、パソコンやスマホを使って映像や音声を見たり聞いたりしながら会話する遊びです。
それがお仕事になるの?と思う方もいるかもしれません。なります。
世の中にはそれで1日20万を稼いでいるようなつわものもいます。

まず、男性は会話するためにサービス料を支払います。
女性は男性と会話した時間分だけ収入を得ることができます。

そのためチャットレディは、空いた時間を有効活用できる効率の良いバイトとなるのです。

アダルトとノンアダルト

男性と会話してお金をもらうというのだから、エロいことを要求されるんじゃないの?
という疑問が当然わくと思います。
現在ライブチャット業界には、アダルトとノンアダルトのサイトがあります。
肌を露出したりするのが嫌であればノンアダルトを選びましょう。
もちろんアダルトの方が稼ぎやすいことは事実です。

チャットレディってどれくらい稼げるの?

上で書いたとおり、1日20万稼いでいる猛者もいます。
通常は時給に換算して3000円程度でしょう。
報酬はチャットしている間だけ発生します。
そのため、やはり稼ぐには努力が必要です。
一言でいえば、常連さんを大切にしたり、ちゃんと相手のことを覚えていたり、アダルトであれば男性が喜ぶ声やしぐさを理解していたり、
チャットが長くなるような流れを作ったり、
といった努力をすると稼ぎはどんどん増えていくことでしょう。

チャットレディのお仕事の流れ

ライブチャットにログインして「待機中」という表示にしておきます。
男性は「待機中」の女性から話したい女性を探します。
男性がチャットに入ると、女性に呼び出しの音が出てチャット開始です。

はじめる前のよくある不安

ノンアダルトなのにアダルトを要求される
ノンアダルトでアダルトなことを要求してくる男性は確かにいます。
そのような男性は無視したり、可愛くor面白くかわしたりすればよいのですが、 あまりにもしつこい場合は、kickといってチャットから追い出す機能があります。
あなたのチャットに出入り禁止にできるのです。
あまり多用すると嫌われるかもしれませんが、どうしようもないお客さんに対応する時には重宝する機能です。
また、サポートも女性のみなさんが気持よく働けることが一番なので、サポートに苦情を入れることもできます。
(サポートのサービス内容はサイトによります。)
顔だししなきゃいけないの?
現在はほとんどのライブチャットが映像付きのサービスをしています。
そのため、映像のないサービスにはお客さんが集まらなくなっています。
顔を隠して、または壁の映像のままで会話すること自体はできます。
しかし、顔を出さないとなるとお客さんも集めにくくなるのが現実です。
そのため、女性のみなさんは、マスクをしたり、鼻(首)から下だけ映るようにしたり、 いろいろと工夫してお仕事をしている人が多いです。
身内バレしない?
個人情報はどこのサイトでも厳重に管理されています。
特にアダルトでは、法律上、警察への営業の届け出が義務付けられているため、店は警察からも指導されています。
通常の業界よりも個人情報の保護に慎重であることは間違いありません。
稼げないということはないの?
正直稼げない人もいます。それも、顔が可愛くないといった単純なことだけで決まることではないです。
過激なサービスをすれば稼げるかというとそれも違います。
ライブチャットは、人が「多く」集まって「長く」話すことが重要です。
ですから、そのための工夫をどれだけできるかが大事です。
やりながら工夫してみましょう。女子力や人間力も向上するかもしれません。
スマホでもできる?
チャットレディはスマートフォンでもできます。
しかし、パソコンに比べて画質が悪く、カメラに映しながら話を続けることも大変なので、パソコンの方が続けるのが楽ですし、稼ぎやすいでしょう。

登録したらすぐにお仕事をしよう

チャットレディとしてサイトに登録をすると最初は「新人」という表示がされます。
常連のお客さんは「新人」を見つけるとどんな子か知りたくてアクセスしてきます。
ですから、「新人」のうちに仲の良い人を見つけておくと、最初の稼ぎが安定します。
最初はコツがわからないため、稼ぐコツを見つけるためにも、新人期間を活かしましょう。

通勤チャットレディ

チャットレディ事務所のチャットルームで稼ぐ

チャットレディというと自宅でやっているようにも思いますが、実は事務所の個室でお仕事として働いている女の子もたくさんいます。
通勤チャットレディと呼んでいる場合もあります。
事務所はチャットサイトと契約をしていて、売上の割合で女の子と分けることになります。
出演するチャットサイトは、個人としても参加できるサイトもありますが、事務所経由でしか参加できないサイトもあります。
サイト側は、女の子を扱うプロではないので、女の子のスキルを向上させたり、トラブルを解決するといったことを運営でやりきれない場合が多いのです。
ですから、事務所はキャバクラや風俗の運営母体がチャットルームを経営していたりします。

さて、女の子の視点からすると、事務所でチャットレディをすると次のようなメリットがあります。
(もちろん事務所によってサービス内容は異なります。)

  • 入店祝い金がもらえる
  • 衣装の貸し出しがある
  • 自由度の高いシフト制
  • 報酬をその場でもらえる
  • 宿泊やシャワーなど家のない女の子対策がある
  • 防音性が高いため、周りに聞こえない
  • 女性スタッフが困ったことを聞いてくれる
  • ドリンクバーなどの快適サービスがある
  • 稼げない時などにアドバイスをもらえる

ここまで読んで勘の良い方なら気づいたでしょう。
本当にそんな都合のよいことがあるの?という疑問を。
確かに風俗業界全般に言えることですが、求人に書いてあることがすべて言葉通りということは少ないようです。たとえば、自由出勤なのだけど「もっと出勤してくださいよ」と説得されたり、防音性が高いと言いながら壁から隣の声が聞こえたり。
入店祝い金がもらえなかったり、または分割だったり。

こういったことはありますが、自由出勤で、衣装の貸し出しがあって、日払いがもらえるといったことくらいは業界の常識だと思われます。

また、女の子が稼げるようになることをしっかり考えてくれる事務所であれば、よりお客さんをつかめる間合いやトーク術を教えてくれたり、女の子がお客さんをつかめないときに相談に乗ってくれたりします。
ですから、事務所に所属してチャットレディをするにはやはりメリットがあるのです。

事務所選び

芸能界にも、大手プロダクションもあれば悪徳プロダクションもあります。
女性を扱う業界はどうしても悪徳業者が入ってくるという特性があります。
チャットレディ業界にもやはりいます。悪徳業者。
悪徳と言わないまでも、社長の自宅でやってくれとかそういう零細業者もたくさんいます。
もちろん、その社長があなたの稼ぎを支えてくれるようなやり手かつ頼りになる人であれば良いのかもしれませんが、初めて会う人でそこまで信頼できるかというと疑問符が付きますよね。

ただし、チャットルームの住所を教えてくれないというところは多くあります。
怪しいと思うかもしれませんが、これは教えないのが正解です。
事務所は働く女性も守らなくてはなりません。
ですから、チャットルームの住所を簡単に教えてしまう方がNGなのです。

 icon-chevron-up ページトップへ