チャットレディ、イロハ、あれこれ

私がチャットレディを始めたのは、とにかく早急にお金が必要だったのと自宅でできるという、手軽さに惹かれて登録しました。
それと、”バレンタインデー”という、ハリウッド映画の中でアン.ハサウェイがチャットレディをやっていて、何だか自分もそんな感じの美女脳内設定で楽しめれば 抵抗感なくできるのではないかと思い、恐る恐る登録しました。
登録は至って簡単ですが、色々危険なサイトもあるのでネットで調べてからどこのチャットサイトで働くか決めたほうがいいと思います。
私は、メールレディも兼ねていたので、登録された男性が入室されるとすぐに知らせが入るので一目散に入室男性めがけて、callするとかなりの確率でお話(仕事)ができます。 事前に登録の際に自分のタイプをプロフに記載しているのでそのタイプを目的とした男性がくるので、わりと気楽にできます。
禁止事項としては、個人的に会う約束、個人情報を伝えるなどを守っていれば相手の男性の趣味にあわせて盛り上がるだけで、かなりの時間ポイントになります。
そうとう淫らで過激な絡みトークものっけから、あったりしますが慣れてくればノリに合わせてなりきって、演じる事も簡単に楽しめます。
恥じらう感じのトークも好まれる男性にはうけがよく、萌え度もたかく効果があります。
それと、プロフの写真ですが就活に使うようなものとは全く違い顔を出すのに抵抗感があれば、脚などの写真でもかなり人気が高いのでお勧めです。
プロフ写真にも禁止事項がありますが、それさえ守っていれば自分の魅力を最大限に活用して武器にできます。
続けていると、自宅でありながら、さあ!仕事だと思うと少しセクシーで高まる気持ちになり毎日色々な男性と日替わりでバーチャルなデートを しているようで、肌や爪髪が艶艶になってきた感じがありました。
少しHな気持ちが強くなっていると、会話もいい感じで弾みました。
なりきり、かけひき、自己陶酔、そして妄想の入り交じったセクシー気分な仕事でした。

今はもう、チャットレディをやめましたが、理由は単に本業の仕事が軌道に乗り 時間に余裕がなくなり、次第に遠のいてしまいました。
ただ登録は解除していないので金銭的に余裕がないときは また、復活したいなあ、と思うくらい私にはあっている仕事でした。
男性を惹きつけるトークとおもえたのは、その望むタイプに染まる会話でした。
少しでも、ドン引き、呆れた感じ、が出てしまうと 一気に白けたトークになり会話が終わってしまうので、 とにかく男性の世界観に染まっていくくらいの柔軟な妄想力がいるかもしれません。

執拗に、リアルで逢わないか、と誘って来る方もいますが それは規則違反になるのでごめんなさい、と 可愛らしく言えばきれる方はほとんどいなかったです。
始めのうちは、恥ずかしかったり会話をどうすればいいのかわからない時は メールレディから徐々に慣れていくと流れやコツがつかめて 楽かもしれません。
とにかく、Hな気持ち、癒してあげる気持ち、話を聞いてあげる深さ、 オールマイティーの女神になった気持ちで自分の”女力”を奮い立たせて 日々の積み重ねで、スイッチを切り替えなくても にじみ出てくるかんじに、なれば、もう こっちのものです。

始める前は、色々と抵抗感があるかもしれませんが、 大きなサイトで自分にあった、(20代限定、熟女専門、人妻等々) サイトで無理なく少しの演出、なりきり、妄想、で 楽しんで毎日違う”女”になって、自分の中の魔性、少女、色々な 魅力を会話によって引き出せる、自分磨きもできる 面白く楽しい仕事です。
気になる方は、恐れずに新たな自分発見に挑戦してみてください。 新しい毎日の扉を開けてみてください。

 icon-chevron-up ページトップへ