チャットレディを始めるにあたって知っておきたい注意点

私がチャットレディを始めようと思ったきっかけは、単純に家にいて楽にお金を稼げるからという軽い気持ちでした。ですが、チャットレディをやっていくうちに男性とのやり取りなどをする中で、やりがいを感じることもありました。自分と話していて楽しいと思ってもらえたり、お仕事のストレスや日常での嫌なことを忘れてくれたりと、その人にとって癒しであることが、私にとってのやりがいでした。

しかし、チャットレディをしていくうちにある問題に悩まされました。多くの男性が「直接会いたい」とメールをしてくることです。チャットレディを始めるにあたり、注意しておくことがあります。サイトごとにルールなどは異なりますが、チャットレディはあくまでお仕事です。時々新規でチャットレディを始める方の中に出会いを求めている女性などもいます。しかし、チャットレディはインターネット上のキャバクラなどと同じで、男性側はお金を払ってチャットレディと会話を楽しみます。なので規約上のルールなどにLINEやSNSなど自分のことが特定できるようなことは教えない決まりです。ですが、中にはそのルールを破ってアフターのようなことをするチャットレディも少なくないです。そういった方がいるせいで「運営にバレなければ会っても大丈夫」など「会いたい」ということを主張し、しつこくメールされたりすることが多くありました。それに関し、ほかのチャットレディの女の子たちとも話をしましたが、私のように楽しくチャットレディをしている人の中では当たり前のようにこの問題に悩まされている子たちばかりでした。

運営側に男性から直接会いたいというメッセージをチャットレディに送ることは、原則としてやってはいけないことだという文章を提示しているのですが、多くの人はルールを破るような行為をしていました。そのため、チャットレディを今後続けていくにしてもこういった問題が毎回あっては困ると思い、私はチャットレディを辞めることにしました。中には太客な方もいましたし、固定でついてくれるお客さんもいました。しかし、そういった方に限って「会いたい」とメッセージを送ってくるので、やむ負えず手放してしまう。連絡を放棄するといった対処でしか対応することができず、申し訳なさもありました。ですが、チャットレディ自体は楽しくやれていたので、またどこかの機会でやりたいと思います。

チャットレディと聞くと、どうしてもアダルトなことをしなくてはいけないと思う女性が多いと思いますが、ノンアダルトでもできるサイトが多くあります。慣れないうちはノンアダルトで接客することもできますし、ただ単純にお仕事の悩みや相談をうけるだけでも大丈夫です。チャットレディという名前だけで「危ない仕事」のようなイメージを持たれるのはもちろんなのですが、実際はそこまでアダルトなことをしなければいけないわけではないので、もしちょっとでも興味があれば、簡単に登録できるので初めてみてもいいと思います。

サイトによって異なりますが、ビデオ通話が必須でないサイトもあります。自分の顔を出さなくてもメールだけで楽しくチャットレディとして働くことができるサイトもあるので、顔を出してやらなきゃいけないということもありません。

もし、アダルトの方向でチャットレディをやってみたいという方は、コスプレ衣装を多く用意しておくといいです。チャットレディを利用する男性の多くは、非現実的な物を好む傾向にあるので、セーラー服や看護服、いろんなパターンを用意しておくとより喜ばれます。

チャットレディは、あまり友達などには言いにくいことですが、ちょっとしたお金稼ぎとしては最適な職だと思っています。私は大学生ですが、学校とバイトの両立は難しいですが、チャットレディは家でできる仕事なので、気軽にログインしてやっていました。ノルマもないので、ゆっくりと自分のペースでやることができます。ちょっとでもチャットレディに興味があれば、いろんなサイトと比較してみてみるといいです。サイトごとに特徴などもあるので、自分にあったサイトで挑戦してみるといいです。

 icon-chevron-up ページトップへ